競売との違い|土地を持っていれば様々なメリットがある│マイホームを建てる
木の家と人形

土地を持っていれば様々なメリットがある│マイホームを建てる

競売との違い

インテリア

購入している不動産の住宅ローンが支払えなくなってしまうと、住宅ローンを貸している金融機関は裁判所を通じて強制的に土地やその物件を及び部屋を売ってしまいます。その売却額から残った住宅ローン債権を回収することを「競売手続き」と言います。競売にはいろいろなデメリットがありますが、その競売自体を回避し、逆に合理的かつメリットも得られる売却方法があります。その方法を「任意売却」と言います。任意売却とは、不動産コンサルタントが債権者と債務者の間に入り、債権者の合意を得た上で不動産を売却するという方法のことを言います。任意売却の大きな特徴は、不動産の売買価格が住宅ローンの残高が残っている状態でも売却可能である、という点です。なぜそのようなことができるのかと言うと、任意売却には裁判所が一切介入しないからです。

任意売却による不動産売却には、「住宅ローンが残っている状態でも売却可能」という大きなメリットがあります。実はこのメリット以外にも、大きなメリットはいくつもあるのです。例えば、任意売却は一切の費用が掛かりません。なぜそれがメリットのなるのかと言うと、これが競売であった場合、落札されるまでの間遅延損害金が14.6%掛かり続けるからです。場合によってはとんでもない額の債務残高が発生する恐れがあります。その反面任意売却は裁判所の介入が一切無いため、債務者に何らかの金銭的負担が発生することは無いのです。